コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福建人民政府 ふっけんじんみんせいふFu-jian ren-min zheng-fu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福建人民政府
ふっけんじんみんせいふ
Fu-jian ren-min zheng-fu

1933年 11月~34年1月,反日反蒋を標榜して福建省福州に樹立された政府。正式名称は中華共和国人民革命政府。 32年の第1次上海事変の際に日本軍と積極的に戦った十九路軍は抗日意欲が強く,蒋介石は日本軍との衝突を避けるため十九路軍を上海から福建省に移駐させ,紅軍討伐を命じた。しかし,蔡廷かい,蒋光 鼐らの十九路軍将領は,広西派の李済 琛,陳銘枢,第三党の黄き翔ら各党各派の反蒋派軍人,政治家らを結集して,33年 11月 20日福州で「中国全国人民臨時代表大会」を開き,人民権利宣言を採択。 21日蔡,蒋,李,陳らは国民党からの脱党の電報を各地に発し,22日福建人民政府が成立し,十九路軍を「人民革命軍」と改称した。李済 琛が政府委員会主席,陳銘枢が文化委員会主席,蒋光 鼐が経済委員会主席,蔡廷かいが軍事委員会主席となり,その他社会民主主義者から国家主義者まで反日反蒋の立場に立つ雑多な人々が参加した。この政府樹立前の 10月 26日に,すでに十九路軍側と中国共産党側 (中華ソビエト共和国臨時政府と紅軍) との間に反日反蒋初歩協定が結ばれ,両者の停戦,協力に関する取決めが成立していた。しかし,陳紹禹らに指導されていた共産党はその極左的方針と未熟さのために,福建人民政府を援助しなかった。 34年1月1日国民政府軍は総攻撃を開始し,1月 13日福建人民政府は崩壊した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふっけんじんみんせいふ【福建人民政府 Fú jiàn rén mín zhèng fǔ】

1933年に中国の福建省福州にできた地方政権。上海事変で奮戦したため蔣介石に福建移駐・紅軍討伐を命ぜられた十九路軍を核にし,正式には中華共和国人民革命政府という。33年11月,李済深を政府委員会主席,陳銘枢,蔣光鼐,蔡廷鍇をそれぞれ文化,経済,軍事委員会主席にあてて組織され,多くの中間派反蔣人士を結集した。その政策は民主・自由の保証,土地改革・産業統制などであり,民主的社会主義的性格をおびるものであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

福建人民政府の関連キーワード田中 忠夫社会史論戦陳友仁徐謙

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android