コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陳銘枢 ちんめいすうChén Míng shū

世界大百科事典 第2版の解説

ちんめいすう【陳銘枢 Chén Míng shū】

1889‐1965
中国の政治家,軍人。字は真如。広東省合浦(現,広西チワン族自治区合浦県)の人。かつて同盟会会員で,保定軍官学校を卒業後,北伐に参加し,蔣介石クーデタ後は国民革命軍総政治部副主任となり,ソビエト地区包囲攻撃を指揮した。1932年,日本が起こした上海事変において淞滬(しようこ)抗戦に参加し,しだいに抗日と反蔣の立場を強めた。33年李済深,蔡廷鍇らとともに国民革命軍第十九路軍を加え,福建省中華共和国人民革命政府(福建人民政府)をつくった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陳銘枢
ちんめいすう / チェンミンシュー
(1892―1965)

中国の軍人。広東(カントン)省の生まれ。保定軍官学校卒業。辛亥(しんがい)革命に参加して日本に亡命、1924年には李済深の部下となり、1926年の北征に参加、1928年広東省主席に就任した。1933年の福建人民政府に参加、のち国民党を除名されて香港(ホンコン)にあり、日中戦争中は国民外交協会会長。1949年国民党革命委員会中央常務委員として新中国に参加、1954年全国人民代表大会の広西省代表となったが、1957年の反右派闘争で批判を受けた。1963年に名誉回復、1964年政治協商会議の全国委員となる。[加藤祐三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の陳銘枢の言及

【福建人民政府】より

…上海事変で奮戦したため蔣介石に福建移駐・紅軍討伐を命ぜられた十九路軍を核にし,正式には中華共和国人民革命政府という。33年11月,李済深を政府委員会主席,陳銘枢,蔣光鼐,蔡廷鍇をそれぞれ文化,経済,軍事委員会主席にあてて組織され,多くの中間派反蔣人士を結集した。その政策は民主・自由の保証,土地改革・産業統制などであり,民主的社会主義的性格をおびるものであった。…

※「陳銘枢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

陳銘枢の関連キーワード[各個指定]芸能部門ゴダール(Jean-Luc Godard)森一生宇宙開発史(年表)森鴎外HSBCレオーネアニオン電着塗装シャブロル新藤兼人

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android