禿び(読み)チビ

デジタル大辞泉「禿び」の解説

ちび

小さいもの。からだの小さい人。また、年の幼い人や子供を親しみをこめていう語。「うちちびも今年から一年生です」「おちびちゃん」
《「禿び」とも書く》ちびたもの。すりへったもの。多く、他の語に付いて用いられる。「ちび下駄」「ちび鉛筆」
[類語]短身短躯ちんちくりんずんぐりポケッタブルハンディーハンディータイプポケットサイズポータブル小作り小ぶり小さめちんまりこぢんまり可搬手頃手軽小型モバイルコンパクトウエアラブルプチミニミゼットハンドヘルド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android