ちんまり

精選版 日本国語大辞典「ちんまり」の解説

ちんまり

〙 (「と」を伴って用いることが多い) 小さくまとまっているさまを表わす。ほどよく小さいさま。〔かた言(1650)〕
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉後「小机が据って、飾ったやうに秩然(チンマリ)と其上が片附けてある」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ちんまり」の解説

ちん‐まり

[副](スル)小さくまとまっているさま。「ちんまり(と)した目鼻だち」「部屋のちんまり(と)座っている」
[類語]小さいしょう小さなちっちゃいちっぽけ細かい低い小さめ矮小わいしょう寸足らずちんちくりん微小微細細微細密緻密ちみつ細か小振り小形小柄小作り小粒豆粒芥子けし群小最小小規模細細ほそぼそ零細こぢんまりちまちまミニちょこなんとちょこんとぽつねんつくねんポケッタブルハンディーハンディータイプポケットサイズポータブル可搬手頃手軽ちびモバイルコンパクトウエアラブルプチミゼットハンドヘルド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android