ちんちくりん(読み)チンチクリン

デジタル大辞泉の解説

ちんちくりん

[名・形動]
背が低いこと。また、そのさま。背の低い人をあざけっていう語。
背丈に比べて衣服が短すぎること。また、そのさま。つんつるてん。「ちんちくりんな(の)去年の服」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちんちくりん

( 名 ・形動 )
背の低いさま。また、背の低い人をあざけっていう語。 「 -な男」
着物などの丈たけが短くて体に合わない・こと(さま)。つんつるてん。 「 -なズボン」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちんちく‐りん

〘名〙 (形動)
① 非常に背の低いこと。また、その人やそのさま。小さいさまや小さい人をあざけっていう語。すんたらず。ちんちく。
※俳諧・新続犬筑波集(1660)一四「ひくきやぶはちん竹林の子どもかな〈如貞〉」
② 背たけに比べて着物などが短かすぎること。また、そのさま。つんつるてん
※明暗(1916)〈夏目漱石〉三五「ちんちくりんな外套の羽根の下から手を出して」
[補注]「咄・一休諸国物語(1672頃)三」に「江州に竹林寺と申す寺あり。此の住持のせいは三尺ばかりありけり、〈略〉一休立ておどられける。君がこぬとてまくらがしろか、まくらななげそとがはなし、ちくりん、ちくりん、ちんりくりん」とあるが、「ちんりくりん」は「ちんちくりん」の誤りであろう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android