コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ずんぐり ズングリ

2件 の用語解説(ずんぐりの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ずんぐり

[副](スル)太っていて背が低いさま。また、物が太くて短いさま。「ずんぐり(と)した体型」「ずんぐり(と)した形の瓶」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のずんぐりの言及

【独楽】より

…そして〈こまつくり〉とか〈こまつぶり〉と呼ばれていたが,14世紀には《太平記》の〈コマ廻シテ遊ケル童〉という記述で,初めて〈こま〉という言葉が単独で登場する。この場合,〈こまつくり〉〈こまつぶり〉の最初の2字をとったわけだが,〈こま〉のほうを略す呼び方もあり,東北地方では明治,大正前期ころまで〈ずぐり〉〈すぐり〉〈ずんぐり〉などと呼んできた。《太平記》の記述でもう一つ注目されるのは,こまをまわしている子どもが初めて文献上にあらわれたことである。…

※「ずんぐり」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ずんぐりの関連情報