手軽(読み)てがるい

精選版 日本国語大辞典「手軽」の解説

て‐がる・い【手軽】

〘形口〙 てがる・し 〘形ク〙
① 物事を行なうのに手数をかけない。
※洒落本・伊賀越増補合羽之龍(1779)向ふ島之段「爰をばざっと手軽(テカル)くして、俄をみるは土手ごんす」
浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「高い男は〈〉失敬の挨拶も手軽るく」
② するのに手ぎわがいい。さっさとやってのける。〔日葡辞書(1603‐04)〕
③ 大した程度でない。重大でない。また、おおまかで、いいかげんである。
※人情本・明烏後正夢(1821‐24)初「我子の小次郎が首をきるといふも、あんまり手軽(テガル)い仕様じゃァござりませんか」
てがる‐さ
〘名〙

て‐がる【手軽】

〘形動〙 (形容詞「てがるい」の語幹から)
① 面倒な手数をかけないさま。簡単でたやすいさま。筒易。軽便。
浄瑠璃・菖蒲前操弦(1754)四「茶店も手軽(テガル)大和葺(やまとぶき)
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「『よろしい承知した』と手軽な挨拶」
② 動作が機敏なさま。すばやいさま。

て‐がろ・い【手軽】

〘形口〙 てがろ・し 〘形ク〙 =てがるい(手軽)
※六波羅殿御家訓(13C中)第二一条「聊もをほつかなくをもはむには、手かろき若党に大刀をもたすへし」
※開化問答(1874‐75)〈小川為治〉二「米納なれば〈略〉を以てすぐにに作り上納するまでにて甚だ手軽(テガロ)き事なれども」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「手軽」の解説

て‐がる【手軽】

[形動][文][ナリ]手数がかからず、簡単なさま。「手軽な食事」「手軽に扱えるカメラ」
[派生]てがるさ[名]
[類語]簡単容易安易平易軽易手っ取り早い容易たやすやさしいやす平たい造作ぞうさないわけない朝飯前お茶の子さいさい河童かっぱ楽勝ちょろい簡略簡易あっさり手軽いくみやす楽楽易易いい易易やすやす軽い・軽く・悠悠難無く苦もなく生易しいイージーお茶の子たなごころを返す労せずして赤子の手をひねるお手の物事も無げ甘い手ぬるい生ぬるい甘っちょろいいいかげん安直適当杜撰ずさん放漫漫然閑却等閑とうかんなおざりお座なりおろそかゆるがせ粗末でたらめぞんざい投げ遣りちゃらんぽらん易きに付く

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android