手軽(読み)てがるい

精選版 日本国語大辞典「手軽」の解説

て‐がる・い【手軽】

〘形口〙 てがる・し 〘形ク〙
① 物事を行なうのに手数をかけない。
※洒落本・伊賀越増補合羽之龍(1779)向ふ島之段「爰をばざっと手軽(テカル)くして、俄をみるは土手ごんす」
浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「高い男は〈〉失敬の挨拶も手軽るく」
② するのに手ぎわがいい。さっさとやってのける。〔日葡辞書(1603‐04)〕
③ 大した程度でない。重大でない。また、おおまかで、いいかげんである。
※人情本・明烏後正夢(1821‐24)初「我子の小次郎が首をきるといふも、あんまり手軽(テガル)い仕様じゃァござりませんか」
てがる‐さ
〘名〙

て‐がる【手軽】

〘形動〙 (形容詞「てがるい」の語幹から)
① 面倒な手数をかけないさま。単でたやすいさま。筒易。軽便。
浄瑠璃・菖蒲前操弦(1754)四「茶店も手軽(テガル)大和葺(やまとぶき)
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「『よろしい承知した』と手軽な挨拶」
② 動作が機敏なさま。すばやいさま。

て‐がろ・い【手軽】

〘形口〙 てがろ・し 〘形ク〙 =てがるい(手軽)
※六波羅殿御家訓(13C中)第二一条「聊もをほつかなくをもはむには、手かろき若党に大刀をもたすへし」
※開化問答(1874‐75)〈小川為治〉二「米納なれば〈略〉を以てすぐにに作り上納するまでにて甚だ手軽(テガロ)き事なれども」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「手軽」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android