コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秀ノ山雷五郎 ヒデノヤマライゴロウ

デジタル大辞泉の解説

ひでのやま‐らいごろう〔‐ライゴラウ〕【秀ノ山雷五郎】

[1808~1862]江戸後期の力士。第9代横綱陸奥(むつ)の人。本名、橋本辰五郎。旧姓、菊田。5尺4寸(約164センチ)という、史上最も身長の低い横綱。→第8代横綱不知火(しらぬい) →第10代横綱雲竜

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秀ノ山雷五郎 ひでのやま-らいごろう

1808-1862 江戸時代後期の力士。
文化5年生まれ。秀ノ山部屋に入門。身長164cmの小兵だったが,稽古(けいこ)につとめ,弘化(こうか)2年(1845)9代横綱となる。引退後,おおくの弟子をそだて,横綱陣幕久五郎をだした。文久2年5月19日死去。55歳。陸奥(むつ)本吉郡(宮城県)出身。本名は菊田辰五郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

秀ノ山雷五郎の関連キーワード剣山谷右衛門(初代)しらぬい

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android