私心(読み)ししん

精選版 日本国語大辞典「私心」の解説

し‐しん【私心】

〘名〙
① 自分一個人としての気持。私意
※清原国賢書写本荘子抄(1530)五「無私心なき也」 〔司馬遷‐報任少卿書〕
私欲をむさぼる心。利己心。
※信長記(1622)六「天下国家のため思ふべき者は、私心(シシン)をさって」
※太政官(1915)〈上司小剣〉九「私心私情私慾の為めに、村治を左右されて」

わたくし‐ごころ【私心】

〘名〙 私的な感情。個人的な感情。転じて、ひそかに恋い慕う心。
※青表紙一本源氏(1001‐14頃)東屋「むつかしきわたくし心のひたるも、しかりけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「私心」の解説

わたくし‐ごころ【私心】

自分の利益ばかりを考える心。また、個人的な感情。ししん。「私心のない人」
ひそかに恋い慕う心。
「むつかしき―の添ひたるも苦しかりけり」〈・東屋〉

し‐しん【私心】

一個人としての気持ち。自分一人の考え。私意。「私心を述べる」
自分一人の利益を図る心。利己心。私情。「私心を捨て去る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「私心」の解説

【私心】ししん

私意。

字通「私」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android