私意(読み)しい

精選版 日本国語大辞典「私意」の解説

し‐い【私意】

〘名〙
① 自分個人の意見。主観的で世間には通用しない、という意味あいで用いることが多い。
※応永本語抄(1420)子罕第九「吾は物をよく知と思ふ私意がきざせば、其知が心に塞り掩て空虚ならず」
② 自己の利益をはかる心。私情をまじえた、公平でない心。私心
※談義本・艷道通鑑(1715)二「さまざまの慮智をめぐらし、工夫をつくすも、皆人欲に落、私意にかたよりて」 〔漢書‐劉歆伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「私意」の解説

し‐い【私意】

自分一人の考え・意見。私見
自分だけの利益を考える心。私心。「提言に私意はない」
[類語]意見見解主張所説所論持説持論私見私考所思所見考え見方オピニオン(尊敬)貴意高見(謙譲)愚見卑見私見管見

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「私意」の解説

【私意】しい

私心。〔韓非子使〕私に(よ)るは亂れ、法には治まる。上、其の無ければ、則ち智に私詞り、に私り。

字通「私」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の私意の言及

【本意本情】より

…そんな本意論の基本的精神を継承しながら,しかも固定化,因習化した美学を打破し,いま一度自分の新しい見方で万古不易の対象の生命――本情――をとらえ直そうとしたのが,芭蕉たち蕉風俳人の本意本情論である。その意味で,芭蕉たちは類型化,固定化した物の見方を嫌うが,また同時に奇物珍詞をおもしろがる〈私意〉をも厳しく排除する。【堀 信夫】。…

※「私意」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android