コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秦豊吉 はた とよきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秦豊吉 はた-とよきち

1892-1956 昭和時代の興行主,随筆家。
明治25年1月14日生まれ。7代松本幸四郎の甥(おい)。昭和8年東京宝塚劇場にはいり,15年社長。戦後,新宿帝都座で日本初のストリップショー「額縁ショー」を上演。25年帝国劇場社長となり,ミュージカルモルガンお雪」などを制作した。著作に「劇場二十年」など。丸木砂土の筆名で風流随筆もある。昭和31年7月5日死去。64歳。東京出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の秦豊吉の言及

【軽演劇】より

…朝日放送)は,公開録画による藤田まこと,白木みのるの凸凹コンビの〈道中記〉で,その時どきの人気タレントやコメディアン,売れっ子の歌手をゲスト出演させるというフォーマットは,ブラウン管時代の軽演劇の好例といっていい。一方,劇場では55年に入って,ドイツ文学者でまたコント作家でもあった秦豊吉(1892‐1956)が実現した〈帝劇ミュージカルス〉によって,戦前の〈東宝劇団〉〈ロッパ一座〉,戦後の〈ムーラン・ルージュ〉などの長い下積みを経た森繁久弥が脚光を浴びた。56年にはさらに東京宝塚(東宝)劇場が,占領軍の接収解除によって活動を再開,東宝重役となった菊田一夫によって大劇場形式のミュージカルが提唱され,エノケン,ロッパ,トニー谷(1917‐87),三木のり平(1923‐ ),有島一郎,越路吹雪(1924‐80),宮城まり子(1929‐ )ら,戦前派・戦後派のタレントが活躍の場を得た。…

【ドイツ文学】より

…自由民権思想との関連でレッシングの劇作品や宗教論なども早くから翻訳紹介され,ドイツ文学の啓蒙主義的系譜もかなり日本に導入されていたが,国家主義的イデオロギーが強まるにつれて,それらは圧殺されていった。なお,1920年代には秦豊吉らによって表現主義の戯曲が数多く翻訳紹介され,新劇運動を刺激したことも忘れられてはならない。 日本におけるドイツ文学研究は,19世紀末以降のドイツの学界の動向を反映し,ゲーテを中心とする国民文学成立の時期に重点を置くことによって,規範の大枠が設定されてきた。…

【ミュージカル】より

…ただし,戦後の宝塚歌劇は,女性のみの出演によるという制約はあるものの,ブロードウェー・ミュージカルを数多く紹介している。戦後の創作ミュージカルでは,帝劇で秦豊吉(はたとよきち)(1892‐1956)の企画によって上演された《モルガンお雪》(1951)が最初である。その後多くの作品が発表されているが,まだ水準は低い。…

※「秦豊吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

秦豊吉の関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎[各個指定]工芸技術部門中平康野村芳太郎マキノ雅広川島雄三ドラノワ[各個指定]芸能部門市川崑

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秦豊吉の関連情報