コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

移動平均 イドウヘイキン

デジタル大辞泉の解説

いどう‐へいきん【移動平均】

統計の手法の一。一定期間の間隔を定め、その間隔内の平均値を連続して計算することによって趨勢(すうせい)的な動向を知ろうとするもの。変動の激しい株価や季節的な変動のみられるデパート売上高の動きなどをみるのに利用される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いどうへいきん【移動平均】

統計の手法の一。例えば毎年の米の産額について、その前後数年間の平均をとり、それを各年の産額とし、豊凶作の偶然的要素を除去して全体の趨勢すうせいを知ることができるようにする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

移動平均
いどうへいきん
moving averages

社会的、経済的現象の時間的経過を計数の動きによってとらえようとするとき、その動きは、趨勢(すうせい)的な変動、循環的な変動、あるいはその他の不規則な変動などのあらゆる動きが複合されたものとして観測される。移動平均はこのような計数の時間的な動きについて、循環的、不規則的な変動部分を除去し、その底流にある長期的、趨勢的な動向をみいだそうとするときに用いられる統計上の操作手法である。
 その操作手続は次のように行われる。まず、統計データ系列につき平均値をとる一定期間の間隔を定め(間隔の幅は、データの種類や、どのような傾向をみようとするかによって異なる)、その間隔内にある連続したデータについて平均値を計算し、その値を連続データの中間時点の値とする。次に、一時点だけデータをずらしたものについて、やはり同間隔の連続データについて平均値をとり、それを一時点だけずれた連続データの中間点の値とする。この手続を順次繰り返して得られる計数の系列が移動平均系列である。
 たとえば、デパートの売上高のように、1年を通してみたとき、かなりはっきりした季節的なパターンが認められるデータ系列については、12か月を一定間隔にとった移動平均系列を作成することによって、そのような季節的な変動に惑わされない趨勢的な売上高の動きを把握することができる。また、不規則変動のきわめて激しい株価の動きなどのデータについても、目先の動きにとらわれずに、データの中・長期的な方向を見極めるためには、この手法は非常に有用である。[高島 忠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

移動平均の関連キーワードMACD(Moving Average Convergence and Divergence)テクニカル分析(Technical Analysis)ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)ゴールデンクロス・デッドクロスオシレーター系・トレンド系ストキャスティックスボリンジャーバンドARIMA モデル季節調整済み指数グランビルの法則ARMA モデルゴールデンクロス移動平均乖離率割高株/割安株住宅着工件数H. ワルドパラボリックデッドクロス後入先出法時系列分析

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

移動平均の関連情報