稟請(読み)りんせい

精選版 日本国語大辞典「稟請」の解説

りん‐せい【稟請】

〙 (「(ひんせい)」の慣用読み)
① 申し上げて請求すること。上長に申し出て請い受けること。申請。
※教育令制定理由(1879)参議伊藤博文上申「府県会の議定を以て文部卿へ稟請すべし」
旧制で、検察官が地位の高い者にかかる事件を処理する場合に、検事総長など上長にその処分についての指示を仰ぐことをいう。

ひん‐せい【稟請】

〘名〙 願い出て受け取ること。〔福恵全書‐蒞任部・発各告示・宅門告示〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「稟請」の解説

りん‐せい【×稟請】

[名](スル)《「ひんせい」の慣用読み》上役や上部機関などに申し出て請求すること。申請。「部下の昇進稟請する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android