コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稟議制度 りんぎせいど request system for decision

2件 の用語解説(稟議制度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

稟議制度
りんぎせいど
request system for decision

日本の公私の組織に共通する伝統的な決定方式。日常的な事務的事項の決定の原案は階統制の比較的低い段階で起草され (稟議) ,全関係者の間を回覧され,彼らがその承認を与えたのち決定権者に提出される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人材マネジメント用語集の解説

稟議制度

・上位者の決済が必要な事項を下位者より上位者へ上申し決裁する、企業における意思決定プロセスの1つの仕組みであり日本独特のものである。
・日本独特であると言われる所以は、下位者からの決済依頼が、上位者に提出され当該上位者が決済した後、更に上位の決裁者に回覧され、決済を受け、更に上位の決裁者に回り、最終決裁権限を持つレベルまでこの他段階プロセスを踏んでいくといった多段階決済の方式をとることである。
・組織におけるヒエラルキーを大切にする日本企業においては重要な意思決定プロセスであるため多くの企業において用いられてきた。
稟議制度メリットは、決済事項に関して、最終決裁者までの各階層の決裁者全員が情報を共有できることであるが、決裁まで多くの社員が介入するため、時間を要する事や責任の所在が曖昧になるデメリットもあげられ、「官僚組織」的な弊害を生む温床ともなってしまう。
・従って、現在、企業においては「稟議制度」そのものの見直しや、決裁までの時間の短縮を実現するシステムを導入する等、改善を図るケースが増えている。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

稟議制度の関連キーワードライン組織仰す下位子房告達要項申立てる特別多数特別多数決重要な事項

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone