穴を割る(読み)けつをわる

精選版 日本国語大辞典「穴を割る」の解説

けつ【穴】 を 割(わ)

① 暴露する。ぶちまける。
※浄瑠璃・新版歌祭文(お染久松)(1780)油屋「茶碗のかはりに親方の前で。何もかもけつ破(ワッ)てこます」
② 隠しごまかしていたのがみつかる。しっぽを出す。
③ 物事を中途でやめてしまう。投げ出す。
④ 商売をしくじって破産する。南京(なんきん)を割る。〔かくし言葉の字引(1929)〕
※真理の春(1930)〈細田民樹〉たこ「この頃会社に、人の出入りの多いのをごらんなさい。どうしたって、ケツを割(ワ)らなきゃならん情勢が、僕等にゃ眼に見えるんです」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「穴を割る」の解説

穴(けつ)を割・る

全部ぶちまける。暴露する。尻を割る。「学生時代の悪友が―・る」
隠していた悪事が見つかる。ばれる。「一連の盗みが―・る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android