コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空取引 カラトリヒキ

大辞林 第三版の解説

からとりひき【空取引】

株式の信用取引や商品の清算取引で、現物の受け渡しを目的とせずに、値上がり値下がりによる差益金を得るために売買すること。空相場。空売買。くうとりひき。

くうとりひき【空取引】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

空取引の関連キーワード自治体の不正経理問題科学研究費助成事業マネーミュール共和汚職事件架空循環取引循環取引清算取引空米相場米相場現物空米

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android