コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空理 クウリ

デジタル大辞泉の解説

くう‐り【空理】

現実とかけ離れた、役に立たない理論。「空理空論」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くうり【空理】

実際とかけはなれていて、役に立たない理論や理屈。 ↔ 実理 「 -空論をもてあそぶ」
〘仏〙 万物はすべて仮のもので、実体をもたないとする教理。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

空理の関連キーワードメタポリティックス空想的社会主義イブン・ズフル実学[朝鮮]ペダントリーギリシア科学児玉 常雄河上 弘一走る・奔る直観教授中川将行空理空論永田徳本整風運動宇多天皇三現主義レネップジャリ乳井貢社会学

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空理の関連情報