空理空論(読み)くうりくうろん

四字熟語を知る辞典「空理空論」の解説

空理空論

現実から遠く離れた、実際に立たない議論理論

[使用例] 見受けたところ、四体を労せず実事に従わず空理空論に日を暮らしている人らしいな[中島敦弟子|1943]

[使用例] その理想的な第三勢力の主張は空理空論ではなく、やはりインド人らしく、もっと現実主義的な裏づけをもち事実に立脚したものであるらしい[竹山道雄ベナレスのあたり|1955]

[解説] 同じような意味合いの語を重ねて、強調した表現。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「空理空論」の解説

くうり‐くうろん【空理空論】

〘名〙 現実から遠く離れた、実際の役に立たない議論や理論。
※雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉上「空理空論を主張し、之を聞くものをして倦せしめ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「空理空論」の解説

くうり‐くうろん【空理空論】

現実とかけ離れた、実際の役に立たない理論。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android