空穴(読み)カラケツ

デジタル大辞泉の解説

から‐けつ【空穴】

[名・形動]金銭・財産などをまったく持っていないこと。また、そのさま。おけら。からっけつ。「給料日前で空穴だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

からけつ【空穴】

お金を全く持っていないこと。無一文。からっけつ。 「給料日前で-だ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

から‐けつ【空穴】

〘名〙 (形動) (芝居者の通言から出て文化・文政期(一八〇四‐三〇)に流行した語。空(から)の穴(あな)の意から)
① まったく何もないこと。無一物。からっぽ。
滑稽本・人情穴探意の裡外(1863‐65)二「たんすはさっぱり空虚(カラケツ)
② 特に、財布の中に一文もないこと。一文なし。おけら。からっけつ。
※南水漫遊拾遺(1820頃)四「歌舞妓楽屋通言〈略〉からけつ 銭のない事」

からっ‐けつ【空穴】

〘名〙 (形動) 「からけつ(空穴)」の変化した語。
※洒落本・蚊不喰呪咀曾我(1779)「此だんちんのからっけつめら」
※落紅(1899)〈内田魯庵〉一「ピイピイ空(カラ)っ臀(ケツ)でござるから高利と倉敷に追はれて迚(とて)も持耐へられなくなる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる