空翠(読み)クウスイ

デジタル大辞泉の解説

くう‐すい【空×翠】

深山の緑の樹林の間に立ちこめる、みずみずしい山気。
「―凝って葉末より滴(したた)る露の冷やかに」〈露伴・二日物語〉
空に向かってそびえ立つ樹木の緑。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くうすい【空翠】

空にそびえ立つ木の緑。
深山の木立の間にたちこめるみずみずしい山気のしたたり。 「山路もとより雨なうして、-常に衣を湿す/太平記 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android