コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山気 サンキ

デジタル大辞泉の解説

さん‐き【山気】

山中の冷え冷えとした空気

やま‐き【山気】

《「やまぎ」とも》「やまけ」に同じ。

やま‐け【山気】

《山師のような気質の意》万一の幸運を頼んで、思い切って事をしようとする心。やまき。やまっけ。「山気がある」「山気が出る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんき【山気】

山中のひんやりとした空気。 「残月虚明、-爽絶/日光山の奥 花袋
やまぎ。やまっけ。 「元来もとより-の大腹屋巨細を吞込/西洋道中膝栗毛 魯文

やまき【山気】

〔「やまぎ」とも〕
偶然の成功に賭ける気質。やまけ。やまっけ。 「 -を起こす」

やまけ【山気】

やまき(山気)」に同じ。 「 -を出す」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

山気の関連キーワード広島県広島市中区江波南アルティプラノ高原通る・透る・徹るツンドラ気候南アメリカコロラド州高山気候ムサラ山山岳気候湿潤気候野中 至気候療法佐藤順一以心崇伝野中到ボゴタ野中至山っ気伊吹山山酔い

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android