疎水/疏水(読み)ソスイ

デジタル大辞泉の解説

そ‐すい【疎水/×疏水】

灌漑(かんがい)・給水・発電などのため、土地を切り開いてつくった水路。「琵琶湖―」
水になじみにくいこと。水との親和性が弱いこと。⇔親水

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

疎水
そすい

給水、灌漑(かんがい)、舟運などのため、新しく土地を開いて設けた水路。地形が急峻(きゅうしゅん)で平坦(へいたん)地の少ない日本には、欧米のような大運河はないが、古くから農業用の用排水路にはみるべきものがあった。1611年(慶長16)に角倉了以(すみのくらりょうい)が開削した京都の鴨川(かもがわ)と宇治川(うじがわ)を結ぶ高瀬川は、日本で最初の運河である。遠賀川(おんががわ)(福岡県)より分流し洞海(どうかい)湾に入る堀川は、洪水防御、舟運、灌漑を目的として江戸時代に開削された。日本最古の閘門(こうもん)とされる埼玉県の見沼通船堀(みぬまつうせんぼり)は、江戸への米の輸送を目的としていた。[榧根 勇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android