コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疎水/疏水 ソスイ

デジタル大辞泉の解説

そ‐すい【疎水/×疏水】

灌漑(かんがい)・給水・発電などのため、土地を切り開いてつくった水路。「琵琶湖―」
水になじみにくいこと。水との親和性が弱いこと。⇔親水

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

疎水
そすい

給水、灌漑(かんがい)、舟運などのため、新しく土地を開いて設けた水路。地形が急峻(きゅうしゅん)で平坦(へいたん)地の少ない日本には、欧米のような大運河はないが、古くから農業用の用排水路にはみるべきものがあった。1611年(慶長16)に角倉了以(すみのくらりょうい)が開削した京都の鴨川(かもがわ)と宇治川(うじがわ)を結ぶ高瀬川は、日本で最初の運河である。遠賀川(おんががわ)(福岡県)より分流し洞海(どうかい)湾に入る堀川は、洪水防御、舟運、灌漑を目的として江戸時代に開削された。日本最古の閘門(こうもん)とされる埼玉県の見沼通船堀(みぬまつうせんぼり)は、江戸への米の輸送を目的としていた。[榧根 勇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

疎水/疏水の関連キーワードハイブリッドナノコーティング新潟県佐渡市相川南沢町岩手県北上市和賀町岩沢秋田県湯沢市三梨町琵琶湖疎(疏)水福島県郡山市麓山疎水性アミノ酸ハイドロパシー苦みペプチドアイスバーグイソロイシン保護コロイド親水コロイド両親媒性分子疎水コロイド疎水(疏水)疎(疏)水疎水性ゾル那須野ヶ原疎水・疏水

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android