コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

突然昇温 とつぜんしょうおん

百科事典マイペディアの解説

突然昇温【とつぜんしょうおん】

高緯度の成層圏において,冬から春にかけて広域にわたって急激に気温の上がる現象。対流圏の波動が引き金になって南北の温度傾度が逆転し温度上昇をもたらす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とつぜんしょうおん【突然昇温 sudden warming】

冬から春にかけて,成層圏の極夜渦を形成している偏西風帯中で気温が急激に上昇する現象。この現象は高緯度ほど顕著である。気温上昇の大きさは,ふつう1週間に数十℃であるが,時には1週間に70℃以上,あるいは1日で30℃以上におよぶこともある。昇温は上部成層圏から始まり,下部成層圏へと伝わる。この昇温に伴って,典型的な場合には,成層圏循環に次のような変化が生ずる。冬季の成層圏循環を特徴づける極夜渦が崩壊を始め,二つの低気圧に分裂して南下する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

突然昇温
とつぜんしょうおん

大気上層の成層圏内でおこる現象。高緯度地方で冬の終わりごろから春にかけて気温が急激に昇り、数日間で40Kの上昇をみることもあり、成層圏突然昇温ともよばれている。条季の昇温時には赤道域より高緯度のほうが高温となる。夏から冬に向かう時期にはみられない。南半球ではこの現象はおこらない。1952年にドイツのシェルハーグR. Sherhagが発見した。[大田正次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

突然昇温の関連キーワードR. シェルハークロケット気象観測高層気象学高層大気

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android