コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成層圏循環 せいそうけんじゅんかん

世界大百科事典 第2版の解説

せいそうけんじゅんかん【成層圏循環】

普通,成層圏における大規模な大気の流れを指す。成層圏の大規模な大気運動は,対流圏と同様,鉛直速度に比べ水平速度が大きい。すなわち,水平面内の運動が卓越している。成層圏では冬型循環と夏型循環が特徴的な循環である。冬型から夏型へ,あるいは夏型から冬型への移行は急激に行われる。その移行時期も年による違いがあり,冬型循環の特徴が崩れるのは通常2月下旬から4月上旬にかけて,秋になって冬型循環に入るのは10月上旬から中旬にかけてである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

成層圏循環の関連キーワード突然昇温

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android