立直(読み)たちなおる

精選版 日本国語大辞典「立直」の解説

たち‐なお・る ‥なほる【立直】

〘自ラ五(四)〙
① 倒れたり倒れそうになったりしているものが、もとどおりしっかりと立つ。
※類従本堀河百首(1105‐06頃)冬「難波潟つなでになびくの穂のうらやましくも立ちなをるかな〈源俊頼〉」
② 悪い状態になった物事が、もとのよい状態になる。
※方丈記(1212)「明くる年はたちなほるべきかと思ふほどに」
※徒然草(1331頃)二四一「年月の懈怠を悔いてこの度もしたちなほりて命をまたくせば」
③ 立膝になる。
※浄瑠璃・本朝二十四孝(1766)一「不礼は御免と立直りわざと後を見せたる手のうち」
④ 場所を移る。〔日葡辞書(1603‐04)〕
⑤ 姿勢をもとのように正しく直す。居直る。
※源平盛衰記(14C前)六「入道立直(タチナヲッ)て大の音(こへ)を以て、侍に人や在(ある)々々と呼給ければ」

リー‐チ【立直】

〘名〙 (中国語から) マージャンの役の一つ。門前で聴牌(テンパイ)し、それを宣言することによって立する。ただし、宣言後は手を変えることができず、宣言を取り消すこともできないなどの制約がある。一翻(イーファン)役。〔現代語大辞典(1932)〕

たち‐なおり ‥なほり【立直】

〘名〙 悪い状態になったものが、もとのよい状態にもどること。立ち直ること。
※現代のヒューマニズム(1948)〈中島健蔵〉二「その方の立ちなおりは案外容易である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「立直」の解説

リーチ【立直】

《〈中国語〉》マージャンで、役の一。手持ちの牌(パイ)を一枚も見せないまま「リーチ」と言って、聴牌(テンパイ)を宣言すること。宣言後は手を変えることができない。「立直をかける」
転じて、勝利や成功に至るまであと一歩の段階。「優勝立直がかかる」
[補説]1で、中国マージャンに「リーチ」という役はない。第二次大戦後に日本で流行。中国東北地方の地方ルールからという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android