コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立礼 リツレイ

5件 の用語解説(立礼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りつ‐れい【立礼】

[名](スル)起立して敬礼を行うこと。また、その敬礼。⇔座礼

りゅう‐れい〔リフ‐〕【立礼】

茶の湯で、点茶盤と称するテーブル風炉釜(ふろがま)水指(みずさし)を置き、椅子(いす)に腰掛けて行う点前(てまえ)。明治初め、裏千家が外国人客のために創案した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

りつれい【立礼】

( 名 ) スル
立ったままで、あるいは立ち上がって礼をすること。りゅうれい。 ↔ 座礼 「一同の前に立ち軍人風に-したり/鉄仮面 涙香

りゅうれい【立礼】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

立礼
りゅうれい

テーブルと椅子(いす)を使って行われる茶道点前(てまえ)の一つの形態。立礼式ともいい、点前の形式から卓子点(じょくしだ)てともいう。立礼による茶法が初めて実用化されたのは、1872年(明治5)の京都博覧会においてである。裏千家11世玄々斎千宗室(げんげんさいせんのそうしつ)(1810―77)が考案したもので、点前は点茶盤(てんちゃばん)といわれるテーブルに風炉(ふろ)や水指(みずさし)、杓立(しゃくたて)、建水(けんすい)などを飾り置いて行い、円椅(えんい)といわれる丸椅子に腰掛けて茶を点てる。客の前には喫架(きっか)といわれる卓子が置かれ、同じく円椅に腰掛けて茶を喫するようになっている。初めは生活の洋風化に応じて考案されたものであったが、しだいに定着し、現代では各流派によってさまざまの立礼卓や立礼棚がくふうされており、庭園を使っての茶筵(ちゃえん)「野点(のだて)」などではかならずといってよいほど使われている。その点前は各流ですこしずつ異なるが、だいたい風炉の薄茶(うすちゃ)点前を基本として考案されている。[筒井紘一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の立礼の言及

【土下座】より

…身分の高い人の通行などに際して地べたにひざまずいて礼をすること。跪礼(きれい)は屋の内外を問わず日本古来の礼法で,《魏志倭人伝》に〈あるいは蹲(うずくま)り,あるいは跪(ひざまず)き,両手地により恭敬をなす〉とあり,大化改新後,跪礼を廃して立礼を採用(天武紀11年9月勅)したが行われなかった。屋外での跪礼すなわち土下座は《弘安礼節》にもみえ,江戸時代には大名の通行に際して庶民は土下座をさせられた。…

【点前】より

… 以上のように裏千家流の点前大系は明解かつ論理的に構築され,その教授内容も豊富なことが特徴とされる。たとえば,椅子点前(立礼)は1874年,裏千家11世玄々斎によって考案され,今日では各流派で一般化されている。さらに前記の段階的な点前を研鑽の縦の軸とした場合,横軸としての茶事を展開させることができる。…

※「立礼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

立礼の関連キーワード風炉茶風炉テーブルウエアテーブルクロステーブル山座テーブルチャージ土風炉奈良風炉風炉釜風炉先屏風

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

立礼の関連情報