コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立(ち)返り/立(ち)帰り タチカエリ

デジタル大辞泉の解説

たち‐かえり〔‐かへり〕【立(ち)返り/立(ち)帰り】

[名]行ってすぐに帰ること。
「―にもと思へども、おのづから日頃経ることも」〈浜松・二〉
[副]
折り返してすぐに。手紙などを受け取ってすぐに返事を返すさま。
「御返しに…鳥の声は孟嘗君のにやときこえたれば、―、孟嘗君のにはとりは…とあれば」〈・一三六〉
繰り返し何度も。
「―泣けども我(あれ)は験(しるし)なみ思ひわぶれて寝(ぬ)る夜しそ多き」〈・三七五九〉
もとの時点に戻って。
「梅の匂ひにぞ、いにしへのことも―恋ひしう思ひ出でらるる」〈徒然・一九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

立(ち)返り/立(ち)帰りの関連キーワード転びキリシタン卒都婆小町典礼改革孟嘗君

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android