コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜華会 りゅうげえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竜華会
りゅうげえ

(1) 弥勒仏竜華樹のもとで3度行う説法の会座。現在は兜率天にいる弥勒菩薩が,釈尊の滅後 56億 7000万年のちにこの世に下り,竜華樹のもとで悟りを開いて説法し,釈尊の教えで悟りえなかった衆生が,この会座に列して成仏するという。 (2) 釈尊の誕生を記念する灌仏会の別称。 (3) 園城寺 (通称,三井寺) で弥勒菩薩本尊として年1度行われる法会をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

りゅうげえ【竜華会】

園城寺おんじようじで、弥勒菩薩を本尊として修する法会。
灌仏会かんぶつえの際、次にこの世に現れる仏である弥勒仏に会うことを祈る法会。
竜華三会」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

竜華会の関連キーワード灌仏会・潅仏会天理教の乱竜華三会光復会三会開成

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android