コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

競合脱線 キョウゴウダッセン

2件 の用語解説(競合脱線の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょうごう‐だっせん〔キヤウガフ‐〕【競合脱線】

列車が、複数の要因で脱線すること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

競合脱線
きょうごうだっせん

単独では脱線に至らない要因が複合して起こる脱線をいう。列車脱線は、車両や軌道の欠陥・破損、速度の超過、分岐器でのトラブル、落石や自動車との衝突など、原因の判然としているものが大部分である。しかし、原因究明において、車両、運転、軌道などがそれぞれの管理基準内の状態に収まり、単独では脱線を起こすことはないが、各因子がそれぞれ悪い方向に重なり合って起きる脱線を競合脱線という。1963年(昭和38)11月9日に発生した鶴見事故は競合脱線が原因とされた。かつては貨車の脱線に、このような例があったが、その後、走行実験などによる原因究明が進み、1975年以降は発生していない。また、競合脱線のかわりに複合脱線ということばも使われるが、意味は同じである。[佐藤芳彦]
『鉄道総合技術研究所編『鉄道技術用語辞典』(1997・丸善) ▽久保田博著『鉄道重大事故の歴史』(2000・グランプリ出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

競合脱線の関連キーワード緩行材料待避脱線脱輪入線外部要因コーズ・マーケティング羽越線脱線事故JR函館線脱線事故

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

競合脱線の関連情報