竹の台(読み)たけのうてな

精選版 日本国語大辞典「竹の台」の解説

たけ【竹】 の 台(うてな)

清涼殿の東庭にある籬垣(ませがき)の小さい方形の囲いで、一つには淡竹(はちく)を、一つには漢竹を植えたもの。呉竹の台と川竹の台との称。竹のだい。
※十訓抄(1252)一「舞人に加とて竹の台にすすみよりて」

たけ【竹】 の 台(だい)

※栄花(1028‐92頃)歌合「たけのだいよりぬきいでたるを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android