コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹原八郎 たけはら はちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹原八郎 たけはら-はちろう

1276-1347 鎌倉-南北朝時代の武将。
建治(けんじ)2年生まれ。大和(奈良県)吉野郡の豪族で,元弘(げんこう)の乱のとき十津川にのがれた護良(もりよし)親王を自邸にむかえる。正慶(しょうきょう)元=元弘2年親王の令旨(りょうじ)を奉じて伊勢(いせ)で挙兵した。貞和(じょうわ)3=正平(しょうへい)2年10月7日死去。72歳。名は宗規。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

竹原八郎の関連キーワードハドリアヌス5世インノケンチウス5世ステファン・ウロシュ1世ネマニッチ朝小笠原貞宗バフマニー朝ルートウィヒ4世[バイエルン公]カレー(フランス)バフマニー朝ヨハネス[6世]

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone