コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笑巌慧忻 しょうがん えきん

1件 の用語解説(笑巌慧忻の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笑巌慧忻 しょうがん-えきん

1367-1450 南北朝-室町時代の僧。
貞治(じょうじ)6=正平(しょうへい)22年生まれ。曹洞(そうとう)宗。陸奥(むつ)黒石(岩手県)正法寺月泉良印(げっせん-りょういん)に師事し,その法をつぐ。同国に瑞徳寺をひらき,のち常安寺にうつる。月泉の死後,能登(のと)(石川県)総持寺の住持となり,奥羽2州の僧録をかねた。宝徳2年2月22日死去。84歳。陸奥江刺(えさし)郡(岩手県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

笑巌慧忻の関連キーワード南北朝時代兼国(2)月堂円心孝信長雅長懐道順(2)道尊(2)無言昌謹頼勝

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone