コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本座 ホンザ

大辞林 第三版の解説

ほんざ【本座】

本来の座席。相応の席。 「御-ニナオラセラレイ/日葡」
納言・参議などをやめたあと、前官相当の礼遇を賜って、その身分相応の座につかせること。
田楽や猿楽などで、新しくできた新座に対してもとから存在した座をいう称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

本座の関連キーワード丹波与作待夜の小室節町衆(ちょうしゅう)豊竹和泉太夫(初代)富沢藤次郎(初代)竹本紋太夫(初代)吉田冠蔵(初代)竹沢弥七(初代)竹田出雲(3代)吉田才治(初代)竹沢弥七(1世)近江源氏先陣館釈迦如来誕生会夕霧阿波鳴渡祇園執行日記山本九右衛門新版歌祭文大塔宮曦鎧心中重井筒心中宵庚申碁盤太平記

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本座の関連情報