笠岡諸島(読み)かさおかしょとう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笠岡諸島
かさおかしょとう

岡山県南西部に南北に並ぶ瀬戸内海の島嶼(とうしょ)群。笠岡市に属し、主要な島は片島、神島(こうのしま)、高島(たかしま)、白石島(しらいしじま)、北木島(きたぎしま)、真鍋島(まなべしま)、大飛島(おおびしま)、小飛島(こびしま)、六島(むしま)で、このうち片島と神島は笠岡湾干拓により陸繋(りくけい)化された。白石島は白石踊、北木島は石材産出、真鍋島は花卉(かき)栽培で知られる。また沿岸は釣り場によく、白石、北木両島は夏の海水浴客でにぎわう。人口2513(2009)。[由比浜省吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

笠岡諸島の関連情報