コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第一性質・第二性質 だいいちせいしつ・だいにせいしつprimary and secondary qualities

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第一性質・第二性質
だいいちせいしつ・だいにせいしつ
primary and secondary qualities

性質に関する J.ロック区別 (『人間悟性論』第2巻第8章) 。第一性質とは堅さ,延長,形,運動と静止,数などをいい,第二性質とは色,音,味覚などをいう。前者は客観的,数学的,物理学的であり,後者は主観的,心理学的な性質である。ロックは前者を物質の本質をなすものと考えていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

第一性質・第二性質
だいいちせいしつだいにせいしつ
primary qualities, secondary qualities

イギリスの哲学者ロックの認識論的用語。第一性質は認識とは独立に客観に備わる性質で、延長、固体性、数などがあるが、対照的に第二性質は「対象そのものにおいては、第一性質によりわれわれのうちに多様な感覚を生ずる力」にすぎない。つまり、色、音、香り、味のように対象それ自体にはなく、認識と相対的な主観的性質である。ロックはこの区別を、ガッサンディ、ボイルらの当時の自然科学者から継承した。第一性質に固体性を数えたことはデカルトとの相違である。[杖下隆英]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android