コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等時性 とうじせいisochronism

翻訳|isochronism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

等時性
とうじせい
isochronism

周期運動において,振動では振幅の大小に無関係に,また回転では回転半径の大小に無関係に周期が一定であるとき,この周期運動は等時性をもつという。振動では,単振動サイクロイド振り子は完全な等時性をもち,単振り子は振幅が小さいときにだけ近似的に等時性をもつ。回転では,荷電粒子サイクロトロン運動が等時性をもつ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とうじ‐せい【等時性】

振り子などの周期運動で、周期が振幅の大きさに無関係に一定であること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

等時性【とうじせい】

周期運動で周期が振幅の大小に関係なく一定のとき,等時性をもつという。単振動はその例。単振子は振幅が小さいとき等時性をもつが,振幅が大きいと周期が増す。完全な等時性をもつのは振子にサイクロイド曲線を描かせるサイクロイド振子
→関連項目ガリレイ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

とうじせい【等時性】

時間の間隔が一定で等しいこと。特に、周期運動の周期が振れ幅に無関係で一定な場合をいう。 「振り子の-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

等時性の関連情報