コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単振子 タンシンシ

デジタル大辞泉の解説

たん‐しんし【単振子】

単(たん)振り子

たん‐ふりこ【単振(り)子】

重くて小さい物体を細い強い糸でつるした振り子。振れ幅が小さいときには単振動をする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

単振子【たんしんし】

単振子(たんふりこ)

単振子【たんふりこ】

伸び縮みしない軽い糸の一端を固定し,他端に質点とみなせるほど小さくて重いおもりをつるし,重力の作用で一つの鉛直面内を振動するようにした振子(振子が1鉛直面内でなく球面上を動く場合は球面振子という)。
→関連項目実体振子振子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

たんしんし【単振子】

〔simple pendulum〕 単振り子。
〔simple oscillator〕 単振動を行う振動体。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

単振子
たんしんし

単振り子」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の単振子の言及

【振子】より

…ひもまたは棒の一端を支えて他端におもりをつるしたもので,固定点または固定軸のまわりで周期運動(ふつうは鉛直面内で円周に沿った振動)をする物体をいう。もっとも単純化した振子は質量がなく伸縮しないとした糸で質点をつるしたもので,これを質点振子といい,質点振子を重力の作用下で,一つの鉛直面内で振動させるものを単振子と呼ぶ。支点での摩擦も質点に対する空気抵抗も作用しないとしたとき,質点に働く力は図に示すように,重力と糸の張力で,その合力はつねに質点を円周の最下点Qに引き戻す向きに働くから,質点はQを中心として振動する。…

※「単振子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

単振子の関連キーワードアインシュタインの比熱式モデル(model)フーコーの振り子デバイの比熱式フーコー振子慣性航法装置等時性重力計

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android