単振子(読み)たんしんし

百科事典マイペディアの解説

単振子【たんしんし】

単振子(たんふりこ)

単振子【たんふりこ】

伸び縮みしない軽い糸の一端を固定し,他端に質点とみなせるほど小さくて重いおもりをつるし,重力の作用で一つの鉛直面内を振動するようにした振子(振子が1鉛直面内でなく球面上を動く場合は球面振子という)。振幅が小さければおもりの運動は単振動とみなすことができ,周期は(式1)(lは糸の長さ,gは重力加速度)となって,おもりの重さや振幅に関係しない。→等時性
→関連項目実体振子振子

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

たんしんし【単振子】

〔simple pendulum〕 単振り子。
〔simple oscillator〕 単振動を行う振動体。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の単振子の言及

【振子】より

…ひもまたは棒の一端を支えて他端におもりをつるしたもので,固定点または固定軸のまわりで周期運動(ふつうは鉛直面内で円周に沿った振動)をする物体をいう。もっとも単純化した振子は質量がなく伸縮しないとした糸で質点をつるしたもので,これを質点振子といい,質点振子を重力の作用下で,一つの鉛直面内で振動させるものを単振子と呼ぶ。支点での摩擦も質点に対する空気抵抗も作用しないとしたとき,質点に働く力は図に示すように,重力と糸の張力で,その合力はつねに質点を円周の最下点Qに引き戻す向きに働くから,質点はQを中心として振動する。…

※「単振子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android