コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筋湯温泉 すじゆおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

筋湯温泉
すじゆおんせん

大分県西部,九重町南端で,九重山北麓,玖珠川の源流近くにある温泉。泉質単純泉食塩泉泉温は 58~63℃で湯量は豊富。胃腸病に特効があり,共同浴場では湯滝の設備があって,打たせ療法が行われる。九重連山への登山基地で,近くに大岳,八丁原の地熱発電所がある。阿蘇くじゅう国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕筋湯温泉(すじゆおんせん)


大分県西部、玖珠(くす)郡九重(ここのえ)町にある保養向きの温泉。くじゅう連山の北側山腹を刻む玖珠川源流部にわく。湯滝による打たせ湯が行われ、別名を白滝(しらたき)温泉ともいう。上流約600mの小松地獄(こまつじごく)温泉、下流の疥癬湯(ひぜん)温泉・大岳(おおたけ)温泉も含め筋湯温泉郷とよぶ。小松原地区・大岳地区に地熱発電所がある。くじゅう連山への登山基地。北東6kmの草原にあるエルランチョグランデは西部劇風の体験牧場。ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉。泉温54.3℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

筋湯温泉
すじゆおんせん

大分県玖珠(くす)郡九重(ここのえ)町にある温泉。標高1000メートル、玖珠川源流の谷間に、湯滝で知られる大湯(おおゆ)を囲んで宿泊施設がある。春は筑後(ちくご)川筋からの湯治客、夏は九重(くじゅう)登山客が多い。温泉の起源は1658年(万治1)といい、打たせ湯によって筋肉の痛みがよく治るので、この名がある。泉質は単純泉。付近に九州電力の八丁原(はっちょうばる)、大岳(おおたけ)両地熱発電所がある。JR久大(きゅうだい)本線豊後中村(ぶんごなかむら)駅からバス1時間。やまなみハイウェイ瀬ノ本(せのもと)から8キロメートルである。[兼子俊一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

筋湯温泉の関連キーワード九重森林公園スキー場白滝温泉

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筋湯温泉の関連情報