湯滝(読み)ゆたき

  • ゆだき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

栃木県日光市の西部、湯ノ湖排出口にかかる滝。三岳(みつだけ)の噴出によって湯(ゆ)川がせき止められて形成された。高さ70メートルの滝を毎秒約1トンの水が幅約25メートルいっぱいに流れ落ちる。滝左岸を遊歩道が通り、湯ノ湖西岸を回って湯元に延びる。冬、滝下の観瀑台(かんばくだい)は雪の下に埋まる。[平山光衛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 温泉の湯を、滝のように作ったところから落としたもの。
※東京日日新聞‐明治二一年(1888)一二月六日「楼号を富士見楼と称し、貸席を兼ね、水滝、湯滝、噴水浴、海水浴を設け度旨、其筋へ出願せし処」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湯滝の関連情報