コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筑紫野市 ちくしの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

筑紫野〔市〕
ちくしの

福岡県中部,筑紫平野の北端にある市。 1955年二日市町と御笠 (みかさ) ,筑紫,山口,山家 (やまえ) の4村が合体し,72年市制。中心市街地の二日市は福岡平野筑紫平野を結ぶ構造谷にあり,江戸時代には福岡-日田を結ぶ街道の宿場町,市場町として発展。古くから物資の集散地として繁栄。現在も JR鹿児島本線,国道3号線,九州自動車道,西日本鉄道大牟田線が集中する。 60年代後半から住宅,工場が進出し,福岡市の衛星都市化が著しい。農村部では米作のほか,ミカン,野菜,茶を栽培。菅原道真ゆかりの天拝山,塔原 (とうのはる) 塔跡 (史跡) ,五郎山古墳 (史跡) ,武蔵寺,基肄 (きい) 城跡 (特別史跡) ,二日市温泉などの名所遺跡が多い。一部は太宰府県立自然公園に属する。面積 87.73km2。人口 10万1081(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筑紫野市の関連情報