コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

管叔 かんしゅくGuan-shu; Kuan-shu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

管叔
かんしゅく
Guan-shu; Kuan-shu

中国,周の文王の子,周公旦の兄弟と伝えられる。名は鮮。武王を滅ぼして,殷の故地に武庚を封じたとき,その監視役として弟の蔡叔らとともに河南封建されたが,武王死後武庚と通じて反乱を起し,周公らに滅ぼされたという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かん‐しゅく〔クワン‐〕【管叔】

[?~前1110ころ]中国、の王族。文王の三男。武王の弟、周公の兄。名は鮮。管に封ぜられたのでこの姓がある。武王の死後、蔡(さい)に封ぜられた叔度とともに周に背き、周公に殺された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんしゅく【管叔】

?~前1110頃) 周の文王の第三子。武王の弟。周公旦の兄。名は鮮。管(現河南省鄭州ていしゆう付近)に封ぜられたが、武王の死後、殷いんの紂王ちゆうおうの子武庚を擁して周にそむき周公に殺された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の管叔の言及

【周】より

…武王は東方支配のために洛邑(洛陽市西郊)を建設しようとして果たさず,鎬京に帰還して数年後に死亡した。位を継いだ成王が幼少のため,叔父の周公旦(武王弟)が一時政治を行ったが,殷の監視のため東方に派遣されていた管叔(武王弟)らが,周公が王位を奪うと疑って反乱を起こし,これに殷の旧領を支配していた紂王の子の武庚が加担し,大動乱が起きた。周公は成王の命を受けてこれを鎮圧し,殷の残存勢力を一掃して,周の支配を確立した。…

※「管叔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

管叔の関連キーワード成王[周]鄭州淮夷

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android