節用(読み)セツヨウ

大辞林 第三版の解説

せつよう【節用】

( 名 ) スル
費用や労力を節約すること。
( 名 )
「節用集」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せつ‐よう【節用・節要エウ

[1] 〘名〙
① (━する) 費用や労力などを節約すること。もろもろの出費を少なくすること。浪費をしないこと。倹約。
※史記抄(1477)三「但通鑑はあまり繁多なほどに節要してせうとはし思たけるかそ」
※歩兵操典(1928)綱領「弾薬を節用し馬匹を愛護すること緊要なり」 〔論語‐学而〕
② 日常、入用なこと。役に立つこと。
※前訓(1773)女子口教「故に甚切近なる節用(セツヨウ)を少しく述て、小学に入の楷梯ともなれかしと思ふのみ」
③ 簡便にした本。小冊子。〔改正増補和英語林集成(1886)〕
※雑俳・川柳評万句合‐宝暦一〇(1760)松二「節用でちぎれちぎれのしつけ哉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

節用の関連情報