節穴(読み)フシアナ

デジタル大辞泉の解説

板などの節が抜けおちたあとの穴。「節穴からのぞく」
見る能力のない目。見えるはずのものを見落としたり、物事の意味を見抜く力のないことをあざけっていう語。「どこに目が付いているんだ、君の目は節穴か」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 板の節が抜けてできた穴。節木穴。
※海人刈藻物語(1271頃)二「ふしあなのありし、おぼしいでてのぞき給へば」
② 見えるはずのものを見落としていることや、物事に対する洞察力のないことをののしっていう語。
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉八「眼は節穴、耳はきくらげどうぜんだから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

節穴の関連情報