コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穴/孔 アナ

7件 の用語解説(穴/孔の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あな【穴/孔】

反対側まで突き抜けている空間。「針の―」
深くえぐりとられた所。くぼんだ所。「道に―があく」「耳の―」

㋐金銭の損失。欠損。「帳簿に―があく」
㋑必要な物や人が抜けて空白になった所。「人員に―があく」
㋒不完全な所。欠点。弱点。「下位打線が―だ」「彼の論理は―だらけだ」
他人が気づかない、よい場所や得になる事柄。穴場。
競馬・競輪などで、番狂わせの勝負。配当金が多い。「―をねらう」
世間の裏面。うら。
「世間の―を能く知って堺町とは気づいたり」〈根無草・三〉
[下接語]蟻(あり)穴・息衝(つ)き穴・岩穴・埋め穴・鰓孔(えらあな)大穴落とし穴鍵(かぎ)穴・隠れ穴・風穴・気抜き穴・切り穴・錐(きり)穴・毛穴・獣(しし)穴・縦穴塚穴抜け穴螺子(ねじ)穴鼠(ねずみ)穴覗(のぞ)き穴墓穴人穴一つ穴節穴枘(ほぞ)穴洞(ほら)穴焼け穴雪穴横穴

けつ【穴/尻】

《「あな」の意から》尻(しり)。「―の青い若造」
最後。びり。「―から五番目」
鍼術(しんじゅつ)で、人体に鍼(はり)を打つべき箇所。

けつ【穴】[漢字項目]

[音]ケツ(漢) [訓]あな
学習漢字]6年
〈ケツ〉
あな。「穴居虎穴(こけつ)洞穴風穴墓穴偕老同穴(かいろうどうけつ)
中国医学で、人体のつぼ。「灸穴(きゅうけつ)経穴
〈あな〉「大穴毛穴節穴
[名のり]これ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岩石学辞典の解説

生物の働きによって作られた堆積物中の管状の構造.直線的または曲るものがあり層理にある角度をもっているが,普通は平行または直角である.一般に周囲の堆積物とは異なった粒質や色のもので埋められて保存されている[Pettijohn : 1975].砂中に蠕虫が孔をあけたり岩石中に貝類などが孔を穿った後に,この孔に砂や泥が入り込んで固まってできた棒状の物体をburrowという[渡辺編 : 1935].生痕の一種.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

1957年公開の日本映画。監督:市川崑、脚本:久里子亭、撮影:小林節雄。出演:京マチ子船越英二、山村聡、菅原謙二、石井竜一、北林谷栄、川上康子ほか。サスペンスコメディ

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あな【穴】

江戸中期以降の流行語。軽々には人の気づかない世相風俗のある現象や,人間の性癖・欠陥などを言う。そしてその“あな”を指摘した描写や表現を“うがち”と称して戯作(げさく)文学の重要な表現法の一つに数えられる。“うがち”は今日言う風刺や教訓と似てはいるが,それは滑稽性を醸し出すための手段であり,無責任な放言に近い。したがって指摘される“あな”も,より微視的な誇張されたものである場合が多い。うがち【中野 三敏】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

けつ【穴】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の穴/孔の言及

【気】より

…そのコースを〈地脈〉という。風水説では,この地脈を〈竜〉とよび,そのなかでも生気のわだかまる所を特に〈穴〉とよび,そこに墓を営むと生気が死者の肉体を媒介にして子孫に感応し,その家は栄えるという。このように大地は,気というエネルギーに充たされた,一個の巨大な生命体と考えられていたのである。…

※「穴/孔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone