コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篠塚文三郎(初代) しのづか ぶんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

篠塚文三郎(初代) しのづか-ぶんざぶろう

?-1845 江戸時代後期の舞踊家,振付師。
文化ごろ,佐渡島流,志賀山流,幸若舞などをとりいれた京舞篠塚流をひらき,大坂の山村舞とならび称される。3代中村歌右衛門にとりたてられ,篠塚梅扇(のち梅翁)の名で京坂で劇場振り付けをつとめた。弘化(こうか)2年9月死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

篠塚文三郎(初代)

没年:弘化2.9(1845)
生年:生年不詳
3代目中村歌右衛門に抜擢された,江戸後期京都の劇場振付師。京舞篠塚流の祖。のちに中村梅扇,篠塚梅扇,梅翁と称した。「梅」は歌右衛門の俳名梅玉の一字御免。京都亀谷座振付師亀谷文三の子と伝える。篠塚流を築いたのは文化中ごろで,佐渡嶋流や志賀山流など舞踊の古い流派の長所を取り入れ,幸若舞や能楽の型も応用した。その後,振付師として頭角を現し,天保の初めには大坂の初代山村友五郎と対にうたわれた。だが,明治期の3代目家元文三の時代になると,井上流の台頭もあって,保守的な篠塚流の舞は衰微した。<参考文献>秋葉芳美「京舞篠塚の流祖篠塚梅扇と略系譜」(『上方』101号)

(丸茂祐佳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

篠塚文三郎(初代)の関連キーワード篠塚文三郎(3代)篠塚文三郎(2代)篠塚呂友舞踊家

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android