コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篠崎竹陰 しのざき ちくいん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

篠崎竹陰 しのざき-ちくいん

?-1858 江戸時代後期の儒者。
江戸の人。江戸で古賀侗庵(どうあん),大坂で篠崎小竹(しょうちく)にまなぶ。小竹の次女と結婚し,家学をついだ。安政5年8月28日五十余歳で死去。本姓は加藤。名は槩。字(あざな)は公槩。通称は長平別号に訥堂,武江。著作に「竹陰文稿」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

篠崎竹陰の関連キーワード儒者

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android