(読み)へら

精選版 日本国語大辞典「篦」の解説

へら【篦】

〘名〙
① 竹・木・金属または象牙を細長く平たくし、先のへりをややとがらせたもの。折り目や印をつけたり、物を練ったり塗ったり、その他いろいろに用いる。
※正倉院文書‐天平六年(734)出雲国計会帳「廿九日符壱道〈応運箆并礪状〉以十二月八日到国」
② 「篦刀(へらがたな)」の略。臍(へそ)の緒を切るのに用いる竹製の刀。〔書言字考節用集(1717)〕
③ (①は塗るのにもはがすのにも使うところから) どちらへも都合のよいような、あいまいな態度。いいのがれ。ごまかし。→篦を使う
※雑俳・とはず口(1739)「帰り道へらのくめんを思案ばし」
④ 植物「しなのき(科木)」の異名

の【篦】

〘名〙
① 植物「やだけ(矢竹)」の異名。〔十巻本和名抄(934頃)〕
② 矢の竹の部分。矢竹で製した矢柄。
※梁塵秘抄(1179頃)二「鷲の本白をくゎうたいくゎうののに矧ぎて宮の御前を押し開き、無道射させんとぞ思ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「篦」の解説

へら【×篦】

竹・木・象牙ぞうげ・金属などを細長く薄く平らに削り、先端を少しとがらせた道具。布や紙に折り目や印をつけ、または物を練ったり塗ったりするのに用いる。
篦鮒へらぶな」の略。「釣り」

の【×篦】

矢の竹の部分。矢柄やがら
ヤダケの古名。〈和名抄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【弓道】より

…なお弦は,古くから一貫して麻が使用されてきたが,近年になり化学繊維のものもある。矢は篦(の)(矢軸,簳(やがら)),筈(はず),矢羽,鏃(やじり)から構成されている。篦は多く矢篦竹(やのちく)が使用されるが,現代ではジュラルミン製,グラスファイバー製のものもある。…

※「篦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android