コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

簡易宿所

3件 の用語解説(簡易宿所の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

簡易宿所

旅館業法における4分類(ホテル、旅館、簡易宿所、下宿)の一つ。2段ベッドを置くなど、宿泊場所を多人数で共用する構造、設備のある施設で、カプセルホテルも含まれる。低額で宿泊でき、あいりん地区では800~4千円。山谷(東京都)、寿町(横浜市)、あいりん地区が、日雇い労働者向け簡易宿所の三大集積地といわれる。

(2008-09-27 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かんい‐しゅくしょ【簡易宿所】

旅館業法が定める宿泊所のうち、宿泊する場所を多数人で共用する構造および設備を主とする有料施設のこと。簡易宿泊所。簡宿。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

簡易宿所
かんいしゅくしょ

宿泊する場所や設備を多数の人が共同で使用する有料の宿泊施設。簡易宿泊所ともよばれ、簡宿と略す。旅館業法(昭和23年法律第138号)では旅館業を、(1)ホテル営業、(2)旅館営業、(3)簡易宿所営業、(4)下宿営業の4種に規定している。簡易宿所の具体例としては、民宿、ペンション山小屋、カプセルホテルなどが該当する。2014年度(平成26)末において、旅館業の営業許可を受けた7万8898施設のうち、簡易宿所は2万6349施設を占めている。
 1960年代を中心とする高度成長期に、建設現場などでの日雇い仕事を求め、都市部へ集まってきた労働者のための宿泊所として急成長した。とくに山谷(さんや)地域(東京)やあいりん地区(大阪、旧称釜ヶ崎(かまがさき))などには、多数の簡易宿所ができ、簡宿街(通称ドヤ街)とよばれる密集地が形成された。東京都の調査によれば、1960年代なかばの最盛期には、山谷地域で約220軒の簡易宿所に1万5000人を超える日雇い労働者が宿泊していたが、近年は宿泊者はその3分の1程度、簡易宿所数は約7割にまで減少している。現在、長期滞在者の多くは高齢者で、また、これら利用者の8割以上が、生活保護を受給する状況にある。
 簡易宿所のなかには、建築基準法に違反していたり、防火対策が十分でなかったりする建物もあるが、燃えにくい鉄筋コンクリートに改築するなどの対策を行うには多額の改修費用がかかるため、廃業に追い込まれる簡易宿所が多いと見込まれる。そのため、利用する生活保護受給高齢者の行き先を含めた対策が必要とされる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

簡易宿所の関連キーワード雄琴温泉旅館旅館業法簡易旅館飯店ホテルマンホテリエホテルマネージメントインターナショナル宿泊約款

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

簡易宿所の関連情報