コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神西湖 じんざいこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神西湖
じんざいこ

島根県北東部,出雲市西部にある湖。『出雲国風土記』にある神戸水海 (かんどのみずうみ) の名残りで,砂丘内側にできた潟湖。面積 1.35km2。神西八景といわれる瀬崎の鼻,御上覧の松などがあり,釣場としても知られる。南西岸湖陵温泉がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔島根県〕神西湖(じんざいこ)


島根県出雲(いずも)市西部にある海跡湖(かいせきこ)。面積1.2km2。江戸時代初期、洪水防止と新田開発のため差海(さしみ)川が開削され、日本海に通じる汽水湖となった。コイ・フナ・ボラなどの釣りの適地。西岸に湖陵(こりょう)温泉がわく。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神西湖
じんざいこ

島根県北東部、出雲(いずも)市の中北部にある潟湖(せきこ)。面積1.35平方キロメートル、周囲約5キロメートル。『出雲国風土記(ふどき)』には神門水海(かむどのみずうみ)と記される。南方にそびえる三瓶(さんべ)山との調和がよい。貞享(じょうきょう)年間(1684~1688)出雲平野の開拓者大梶(おおかじ)七兵衛(1621―1689)が差海(さしみ)川運河を開削して湖水を日本海へ流出させ、流域を水害から守るとともに新田を造成した。ジシミ漁が盛ん。湖畔にはクアハウスや国民宿舎がある。[飯田 光]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の神西湖の言及

【出雲平野】より

…斐伊(ひい)川と神戸(かんど)川による沖積平野で,斐伊川の河道変遷により成長した。南西部の神西(じんざい)湖は《出雲国風土記》の神門水海(かんどのみずうみ)で,付近には沼沢地がかなり広がっていた。かつて斐伊川は出雲市小山の微高地の北を通って西流し,神門水海の北部を沖積して大社町付近の土地を形成した。…

【湖陵[町]】より

…出雲平野の最西端に位置し,東は出雲市に接し,日本海に面する北西部は砂丘地帯を形成する。出雲市との境にある神西湖は,古くは神門水海(かんどのみずうみ)と呼ばれ現在よりもはるかに大きな湖で,現在の町の中心部と付近の低地はすべて湖底であったが,貞享年間(1684‐88)の差海(さしみ)川の開削によって水位が下がり広い新田が開けた。養豚が盛んで,西浜地区の砂丘地には養豚団地が形成されている。…

※「神西湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

神西湖の関連キーワード湖陵[町]新田開発出雲平野日本海汽水湖神戸川海跡湖飯田簸川適地

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android