簾貝(読み)スダレガイ

デジタル大辞泉の解説

すだれ‐がい〔‐がひ〕【×簾貝】

マルスダレガイ科の二枚貝。浅海の砂底にすむ。貝殻は横長の楕円形で、殻長約6センチ。殻表にすだれ状の輪脈があり、淡褐色の地に褐色の放射帯がある。本州・九州に分布食用 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すだれがい【簾貝】

海産の二枚貝。貝殻は長卵形で、殻長8センチメートル 内外。殻表は太い輪脈が刻まれ、光沢のある淡茶褐色の地に、暗褐色の四条の放射帯がある。食用。北海道南部以南の沿岸に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

簾貝 (スダレガイ)

学名:Paphia euglypta
動物。マルスダレガイ科の二枚貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すだれ‐がい ‥がひ【簾貝】

〘名〙 マルスダレガイ科の二枚貝。北海道南部以南の水深一〇~四〇メートルの砂底に分布する。殻は長卵形で、殻長約九センチメートル。表面にすだれ状の太い輪脈があり、淡褐色の地に栗色をした四条の放射帯がある。内面は白色。足は朱赤色で食用になる。《・春》
※山家集(12C後)下「波かくる吹上の浜の簾貝(スダレガヒ)風もぞ下す急ぎ拾はん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android